滞りなく葬儀を行うためには、事前の準備が大切

事前に確認しておきたい葬儀の流れ

葬儀の流れについて

納棺まで終えると、続いては通夜、そして告別式となります。 遺族は悲しむ間もなく、通夜、告別式を執り行う準備をしなくてはならないので、少しでも流れを把握しておいて、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。 ここでは通夜から火葬までの流れを見ていきたいと思います。

葬儀が終わったら

遺族にとっては、葬儀が終わればすべて終了、というわけではありません。 まだまだ悲しみで途方に暮れている暇はありません。 葬儀後にも、遺族は考えること、決めること、すべきことがたくさんあるのです。 ここでは四十九日までの流れについてご紹介していきたいと思います。

事前に確認しておくべき理由

お亡くなりになってから、通夜、告別式を行うまでの流れとはどのようなものでしょうか。 遺族はどのような準備が必要なのでしょうか。 一般的な仏式の葬儀での流れをご紹介していきたいと思います。 いざという時に慌てないために、事前に確認しておきましょう。

葬儀までの流れとは

身近な方を亡くした経験のある方だとよくご存じかもしれませんが、逝去してから葬儀までの時間は本当にあっという間です。
それは物理的に期間が短いということもありますが、気持ちも落ち着かないままに葬儀の相談をしなくてはならないという精神的な面から考慮しても、その時間は一瞬にして過ぎ去ってしまいます。

通常葬儀というのは、臨終後2日から3日で行われます。
亡くなったことを悲しむ時間もなく、葬儀について家族で相談して、適切な葬儀社を決めなくてはなりません。
短い時間のなかで、葬儀社を探して様々な手配をするということがいかに大変かということです。
亡くなってから葬儀まで、またその後の手続きなど、一連の流れを把握しておくことで、少しは時間的にも精神的にも余裕が生まれることでしょう。

葬儀とは一体どのような流れで進み、身内の人間は何をする必要があるのでしょうか。
葬儀当日は葬儀社の担当者によるサポートはありますが、事前にその流れを知っておくことで、不安を抱えることなくスムーズに執り行うことができます。
このサイトでは、通夜、告別式を行う一般的な葬儀の流れについてご紹介していきます。
また、併せて臨終から葬儀終了後のことまで、喪主、遺族として準備しなければならないことについてもご案内できればと思います。
故人のためにも滞りなく葬儀を行うため、そして遺族の方々が後悔することのないように、事前に確認しておくことをおすすめします。