滞りなく葬儀を行うためには、事前の準備が大切

>

事前に確認しておくべき理由

逝去、安置

お亡くなりになったあと、まず特に近しい人への連絡が必要になるでしょう。
そして、この時点でもう併せて葬儀社へ連絡を取ることも必要となってきます。
なので、ある程度お亡くなりになることが覚悟ができている場合であれば、葬儀社については事前にご家族で検討しておくことをおすすめします。
また、この時医師に「死亡診断書」を書いてもらいます。

そして葬儀社によってご遺体をお迎え、安置という流れになります。
逝去後24時間は火葬することができないということが法律で定められています。
寝台車でご遺体を搬送してもらい安置をすることになります。
可能であれば自宅にて、難しい場合には葬儀社の安置専用施設にて安置ということになります。

葬儀の打ち合わせ、納棺

葬儀社と、葬儀の詳細についての相談が必要になります。
基本的には親族内で喪主や世話役などの役割を決め、葬儀の日時や場所、その内容、また金額面など、葬儀担当者と細かく打ち合わせを行います。
菩提寺がある場合は、この時点で連絡をしておきましょう。
菩提寺がない場合は、葬儀社に相談すれば僧侶の手配を依頼することもできます。
また、死亡診断書を葬儀担当者に渡し、死亡届、火葬許可証の発行などの手続きも依頼しましょう。
その他、職場や学校、故人の友人など関係者への連絡、喪服の準備なども必要でしょう。

そして納棺です。
ご遺体を清め、死装束が着せられます。
故人が生前好きだったものや家族との思い出の品など、一緒に棺に入れたいものがあれば準備しておきましょう。


この記事をシェアする